05:36 2018年12月18日
米国が北朝鮮問題を武力解決の可能性を示唆 ロシア外相は憂慮

米国が北朝鮮問題を武力解決の可能性を示唆 ロシア外相は憂慮

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
1104

ロシアのラブロフ外相は、米国から朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)問題を議会の承認を経ずに武力を行使して解決する可能性について声明が表されたことを受け、これに対する憂慮を表した。

スプートニク日本

ラブロフ外相はヨーロッパビジネス協会とのブリーフィング「ロシアとEUの現状での関係」で声明を表し、「今日ないしは昨日、米統合参謀本部の議長のダンフォード大将が朝鮮半島で武力行使をする命令が下った場合、それが議会への申請なしに行われることもあり得ると語っている。これは十分に憂慮を招く声明である」と語っている。

これより前にティラーソン米国務長官も議会の制限を受けずに武力行使できるよう議会に要請している

 

タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント