04:43 2019年12月15日
日米両首脳「北朝鮮に最大限圧力」 トランプ氏、軍事力行使には言及せず

日米両首脳「北朝鮮に最大限圧力」 トランプ氏、軍事力行使には言及せず

© REUTERS / Jonathan Ernst
政治
短縮 URL
トランプ大統領のアジア歴訪 (35)
276
でフォローする

安倍首相は6日、トランプ米大統領と東京で首脳会談を開催した。両首脳は核・ミサイル開発を進める朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政策を変えさせるため、圧力を最大限にまで高めていく方針を確認した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

また、中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けた協力の強化でも一致。日米間の貿易不均衡問題を巡っては、トランプ氏が是正を求めたが自由貿易協定(FTA)交渉への言及はなく、経済対話の枠組みで協議を継続することで合意した。投資の活性化と、エネルギーやインフラ面などでの協力強化も申し合わせた。

会談後の共同記者会見で、首相は最近の日米関係について「首脳同士がここまで濃密に絆で結ばれた1年はなかった。日米同盟の揺るぎない絆を示すことができた」と高く評価した。両首脳は会談で、北朝鮮問題に関し、中国が解決に向けてさらに大きな役割を果たすことが重要だとの認識で一致。日米に韓国を加えた3カ国の連携が重要だとの見解も共有した。首相は「全ての選択肢がテーブルの上にある」として、北朝鮮への軍事的選択肢を排除しないとのトランプ氏の立場への支持を重ねて表明。対北朝鮮独自制裁の対象を拡大し、35団体・個人の資産凍結を7日に決定する方針も伝えた。首相は共同会見で「北朝鮮の最新情勢を分析し、今後の取るべき方策について見解が一致した。日米が100%共にあることを力強く確認した」と強調した。

一方、NHKによると、北朝鮮に対する軍事力行使の可能性について共同記者会見で質問されたトランプ氏は、これについて直接は言及しなかった。日本による米国製兵器の購入については、「日本は最新鋭のステルス戦闘機F-35など、米国の兵器を大量に買う。これは日本の安全のためだ」と述べた。

北朝鮮による拉致被害者の家族と面会したことについても、「もし、この問題に光が当たり、金正恩(キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長)が拉致被害者を返せば、それは、何か特別な始まりになるだろう」と語った。

  • 安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見
    安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見
    © AP Photo / Kiyoshi Ota/Pool
  • 安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見
    安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見
    © REUTERS / Jonathan Ernst
  • 安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見
    安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見
    © REUTERS / Jonathan Ernst
1 / 3
© AP Photo / Kiyoshi Ota/Pool
安倍首相とトランプ米大統領。共同記者会見

5日、トランプ大統領による12日間のアジア歴訪がスタート。これほど長期に及ぶ米大統領のアジア訪問は25年ぶりとなる。最初の訪問国となったのは日本。続いて韓国と中国に訪れ、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に出席するためベトナム中部のダナンに向かい、最後にフィリピン首都マニラへ移動し、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議と東アジアサミットに出席する。

トピック
トランプ大統領のアジア歴訪 (35)
タグ
ドナルド・トランプ, 安倍晋三, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント