16:03 2020年08月15日
政治
短縮 URL
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (49)
0 35
でフォローする

スペインの憲法裁判所が、同国北東部のカタルーニャ州議会が可決した一方的な独立宣言を取り消した。スペイン紙「エル・ムンド」が伝えた。

スプートニク日本

憲法裁判所はまた、9月初めにカタルーニャ州議会が承認した、移行期間に関する法律も無効とした。

その他、憲法裁判所による過去の決定に従わなかったとして、州議会のカルマ・フルカデイ議長や元議会幹部2人に対する訴訟の審理を開始した。この訴訟は先にスペイン中央政府によって起こされたもの。

10月1日にカタルーニャ州で実施された住民投票の結果を受け、同月27日に同州議会は独立に関する決議を採択した。その1時間後、スペイン上院は同州においてスペイン中央政府による直接統治を導入することを承認した。

スペインのラホイ首相は、プチデモン州首相を含む州政府閣僚の解任、州議会解散と12月21日の州議会選挙実施を発表した。

トピック
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (49)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント