19:13 2017年11月21日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    北朝鮮

    米軍退役准将:北朝鮮との軍事衝突 見通しはかなり悪い

    © Sputnik/ Iliya Pitalev
    政治
    短縮 URL
    133442126

    米国と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)との軍事衝突が発生した場合、朝鮮半島では北朝鮮軍の方が頭数で勝るため、米軍は極めて困難な状況に陥る – 元在韓米空軍司令官ジャン・マーク・ジュアス(Jan-Marc Jouas)准将が警告した。

    スプートニク日本

    ジュアス元准将から複数の米民主党議員に宛てられたこの書簡は、下院のテッド・リュウ議員が公開した。書簡の中でジュアス氏は、軍事衝突が突発的に発生した際、2万8500人を擁する在韓米軍と韓国軍は「数の上で遥かに優位な」敵軍と相まみえることになると主張している。

    また「朝鮮戦争以降に起きた他の全ての軍事衝突と異なり、軍事行動開始前に戦力を増強することは不可能だ」と指摘。この条件では増援部隊や弾薬、物資を送るのに数ヶ月を要し、前線派遣前の拠点基地は通常兵器や化学兵器によって攻撃を受ける可能性があると警告する。

    更に、北朝鮮のミサイルや、韓国ソウル市民250万人にとって脅威となっている砲撃装置を破壊するには、たとえ理想的な条件が整っていたとしても長い時間がかかり、その間に相手軍によって甚大な損害がもたらされると予想。米軍の先制攻撃で北朝鮮の核兵器を破壊するという方法は、「極めて可能性が低い」とジュアス氏は評価する。

    同氏によると、北朝鮮が化学兵器や核兵器を使用する可能性もまた、韓国の防衛と紛争地帯からの住民退避を困難にするという。他にも米軍の脅威となるものとして、軍後方を突く「第二戦線」を開く特殊部隊や、潜水艦隊、軍隊管理システムへのサイバー攻撃を挙げた。

    関連記事

    なぜ米国は、対北朝鮮戦争を始めないのか?

    米国の無秩序な政策の結果、日韓両国は核武装に動くか?

    タグ
    軍事, ミサイル, 戦争・紛争・対立・外交, 核問題, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント