16:42 2018年09月26日
マティス氏「ロシアからの地対空ミサイル購入はトルコの主権問題」

マティス氏「ロシアからの地対空ミサイル購入はトルコの主権問題」

© Sputnik / Artyom Zhitnyov
政治
短縮 URL
0 09

マティス米国防長官は13日記者団に、トルコがロシアから地対空ミサイルシステム「S-400」を購入したことは、トルコ政府の主権に基づく決定だとして、「これはトルコの主権に基づく決定だ。北大西洋条約機構(NATO)の枠組みの中で、作戦上両立できなくなることは理解している」と述べた。

スプートニク日本

マティス氏はトルコ政府に対し、「これ以上行き過ぎる前に」今回の決定を熟慮するよう求めた。

トルコによるロシアからのS-400購入の決定については、国防総省のジョニー・マイケル報道官が、米国は不満を持っていると述べていた。

9月12日、トルコのエルドアン大統領は、ロシア政府とS-400の購入とその手付金の支払いに関する合意を結んだと発表した。

関連ニュース

ロシア、第4++世代戦闘機に搭載の戦闘人工知能について明かす

露米首脳の正式会談はなぜ見送られた? 露上院国際問題委員長が説明

タグ
ジェームズ・マティス, トルコ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント