15:36 2017年12月12日
東京+ 10°C
モスクワ-1°C
    中国共産党の宋濤中央対外連絡部長

    北朝鮮外交トップと会談 中国特使、自制要請か

    © Sputnik/ Alexander Astafiev
    政治
    短縮 URL
    240

    中国の習近平国家主席の特使として朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問している中国共産党の宋濤中央対外連絡部長は18日、朝鮮労働党で国際部門を統括する李洙墉(リ・スヨン)副委員長と平壌で会談した。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    宋氏は17日に訪朝し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近の崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長と会談した。北朝鮮側との相次ぐ会談で、核実験やミサイル発射の自制を求め、米国との対話を促す習氏のメッセージを伝えた可能性がある。

    李氏は、核・ミサイル開発を巡る自国の立場を説明したとみられる。李氏は昨年5~6月に訪中し、習氏と会談した。

    宋氏は20日まで滞在するとみられる。中朝両政府は具体的な日程を発表していないが、金氏と会談する可能性もある。

    関連記事

    中国特使が北朝鮮へ その見通しは?

    どんなミサイル防衛システムも、殺到する難民の前には無力

    タグ
    ミサイル, 核問題, 北朝鮮, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント