05:16 2018年08月19日
トランプ氏

北朝鮮紙、トランプ氏を「狂犬」と再び酷評

© AP Photo / Pablo Martinez Monsivais
政治
短縮 URL
0 42

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が、トランプ米大統領を「狂犬」と呼んで再び厳しく批判し、トランプ氏は自らが生きることのできる場所を決して見つけることはできないとしている。

スプートニク日本

カール・ビンソン
© REUTERS / U.S. Navy/Mass Communication Specialist 2nd Class Z.A. Landers
同紙はトランプ氏が韓国を訪問し、「ある人にメッセージを伝える」ために来たと訪問中に述べたことについて、この発言によってトランプ氏が北朝鮮の指導者の尊厳を傷つけたとして不満を表明している。

また、「朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者の尊厳と国の社会体制を疑う者は、自らが生きることのできる場所を見つけることは決してできない」とも述べ、「狂犬トランプは、言うまでもなく、自らの恐ろしい犯罪の高い代償を支払うことになる」と酷評している。

北朝鮮のメディアでは、似たような発表がかなり頻繁に繰り返されている。

タグ
ドナルド・トランプ, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント