18:27 2018年07月23日
米政府は中国に北朝鮮に対する石油禁輸の説得を続ける=国務長官

米政府は中国に北朝鮮に対する石油禁輸の説得を続ける=国務長官

© Sputnik / Iliya Pitalev
政治
短縮 URL
116

トランプ米政権は中国が北朝鮮向け石油輸出を完全に廃止するよう説得する考えを捨てていないようだ。ティラーソン国務長官が20日の記者会見で語った内容から明らかとなった。

スプートニク日本

「この問題について今のところ我々は諦めずに対話を続けていく。(中国政府が)対北朝鮮国連安保理決議の完全履行に従うことで確信を得たい」とティラーソン氏は述べ、「北朝鮮の石油加工工場に原油を供給するパイプラインを中国は管理しており、これを止めることで(北朝鮮に)圧力を強めることができると同国(中国)に伝えた」と続けた。

同氏は、トランプ米大統領が北朝鮮をテロ支援国家と再指定する旨の発表を行った数時間後に記者会見に臨んでいた。

米エネルギー情報局の統計によると、2016年、北朝鮮は中国より日量1万5千バレルの原油および6千バレルの石油製品を輸入していた。韓国政府は北朝鮮国内の石油・石油製品の年間消費量が70万〜90万トンと見積もっている。また、戦争などの有事に備え、常に100万トンの備蓄があるともされている。

タグ
制裁, レックス・ティラーソン, ドナルド・トランプ, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント