15:40 2017年12月12日
東京+ 10°C
モスクワ-1°C
    トランプ氏

    プーチン大統領とトランプ大統領の電話会談 話題になったテーマが明らかに

    © AP Photo/ Alex Brandon
    政治
    短縮 URL
    1240

    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と米国のドナルド・トランプ大統領は電話会談の中、シリア、イラン、アフガニスタン、北朝鮮とウクライナを巡って話し合った。ブルームバーグ通信がホワイトハウス関係者の情報を引用して報じた。

    スプートニク日本

    同通信によると、電話会談は約一時間にわたって続いた。

    電話会談が始まる前、ロシア大統領府のウシャコフ補佐官は、プーチン氏がトランプ氏とシリア情勢と北朝鮮の核問題解決に関し話す予定があると、記者に述べていた。

    これより前、ベトナム・ダナンで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の期間中に、プーチン大統領とトランプ大統領は、シリアの紛争に軍事的解決という選択肢はないことで一致し、国連安保理決議第2254号に則ったプロセスの枠組みで最終的な政治的解決を探す必要性を確認した。

    関連ニュース

    露米の友情は全世界に有益=トランプ大統領

    プーチン大統領、APECでのトランプ大統領との会話を評価

    タグ
    ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント