03:45 2019年10月20日
ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告

旧ユーゴスラビアのムラディッチ参謀総長 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦争の戦犯として終身刑【写真】

© REUTERS / Peter Dejong/Pool
政治
短縮 URL
0 47
でフォローする

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷はボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告(75)をボスニア戦争で一連の犯罪を犯したとして戦犯とする判決を下した。

スプートニク日本

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告
    ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告
    © REUTERS / Peter Dejong/Pool
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告
    ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告
    © AP Photo / Peter Dejong, Pool
1 / 2
© REUTERS / Peter Dejong/Pool
ボスニア・ヘルツェゴビナ・セルビア人軍の元参謀総長のラトコ・ムラディッチ被告

法廷では現在、11項目から成る判決が読み上げられている最中。戦争犯罪の項目の中で、ムラディッチ被告はムスリム人が大量に殺戮された「スプレニツァの虐殺」の張本人とされている。

ラトコ・ムラディッチは1943年3月12日、ボスニア・ヘルツェゴビナで誕生。ボスニア系セルビア人。

旧ユーゴスラビアで1991年から2008年までボスニア系セルビア人軍部隊の司令官を務める。法と戦争の慣習に違反したとして 旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷に訴えられる。

2007年、国連の国際法廷はセレブレニッツェの事件を虐殺と断定。ムラディッチ司令官は7000人から8000人のムスリム人を殺害した。なかには一般住民も含まれていた。

タグ
裁判所, 戦争・紛争・対立・外交, セルビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント