03:41 2018年11月21日
米大使館

ロシアの3都市の米総領事館でビザ発給のための面接を再開へ

© Sputnik / Maksim Blinov
政治
短縮 URL
米国の新しい対ロシア制裁 (28)
161

ロシアのサンクトペテルブルク、エカテリンブルグ、ウラジオストクの3都市にある米国総領事館は枚数限定で移民を目的としないビザ発給のための面接を再開する。面接が受付日は12月11日。米国大使館が明らかにした。

スプートニク日本

米国大使館の発表ではビザ発給枚数は以前の数より縮小される。

2017年8月23日、在ロシア米国総領事館はロシア全土で移民を目的としない滞在用ビザの発給を一時停止した。

ラブロフ外相は米国総領事館のこのビザ発給停止処置について当時、「米国ビザ申請の制限導入はロシア国民の不満を呼ぶ試み」とコメントしていた。

その後、9月1日からはモスクワ1都市のみでビザ取得手続きの再開が行われていた。

関連ニュース

米国、ロシア全土でビザ発給を一時停止

トピック
米国の新しい対ロシア制裁 (28)
タグ
ビザ・査証, 露米関係, 制裁, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント