14:20 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    トランプ米大統領のエルサレムに関する決定に抗議し、イスラエル国旗を踏みにじるパレスチナ人

    「イスラエルの首都はエルサレム」米大統領の声明は米軍への攻撃の根拠になる イラク義勇軍

    © REUTERS/ Ibraheem Abu Mustafa
    政治
    短縮 URL
    0 51

    「ダーイシュ(IS)」と戦うイラクの義勇軍「ハラカト・アル・ヌジャバ」はトランプ米大統領がエルサレムに関して出した決定について、米軍に攻撃を行うための「合法的な根拠」になりうるとの声明を表した。ロイター通信がこの声明を引用して報じた。

    スプートニク日本

    「トランプ氏の愚かな決定…はこの主体(エルサレム)をイスラム民族の身体から除去するための強力な衝動となり、米軍に攻撃を仕掛けるための合法的な理由となる。」ロイター通信は「ハラカト・アル・ヌジャバ」のリーダーのアクラム・アル・カービ氏の声明から一部を引用して報じている。

    トランプ大統領は6日、イスラエルの首都をエルサレムと認めることを明らかにし、米大使館を現在置いているテルアビブからエルサレムへ移転させる書類に署名した。

    関連ニュース

    パレスチナ、国連安保理にエルサレムに関する米国の決定を取り消させるよう求める

    タグ
    ドナルド・トランプ, イラク, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント