16:01 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    ラブロフ外相とティラーソン国務長官が7日にウィーンで会談-露外務次官

    米国務長官 露外相と「良い対話」ができたとコメント

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    政治
    短縮 URL
    0 41

    ティラーソン米国務長官は欧州安保協力機構(OSCE)の閣僚理事会の中でロシアのラブロフ外相とは「良い対話」が行われたとコメントした。

    スプートニク日本

    ティラーソン氏は、ラブロフ氏との会談で前進があったのか、またウクライナにおける国連平和維持活動について同氏から何らかの約束を得ることができたかとの質問に対し「我々は良い対話を行い、協力が得られた。我々はまだこのこと(ウクライナの国連平和維持部隊問題)を解決していない。一回の会談で解決するのは不可能だ」と答えた。

    関連ニュース

    露外務省報道官、米情報機関がロシア人ジャーナリストたちを勧誘しようとしていると語る

    ロシアの3都市の米総領事館でビザ発給のための面接を再開へ

    駐ロシア米国大使の解釈する関係冷却化の理由

     

    タグ
    露米関係, レックス・ティラーソン, セルゲイ・ラブロフ, ウクライナ, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント