16:28 2021年01月27日
政治
短縮 URL
194
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国を訪問したフェルトマン国連事務次長(政治局長)との会談で北朝鮮は、朝鮮半島情勢の緊張の原因は米国の敵視政策と核による威嚇だと表明した。共同通信が朝鮮中央通信の報道をもとに報じた。

スプートニク日本

フェルトマン氏は6日、朴明国(パク・ミョングク)外務次官と会談した。国連からはこれまで2010年2月に当時のリン・パスコ事務次長(政治局長)が北朝鮮を訪問し、2011年にはバレリー・エイモス人道問題調整官が訪朝。フェルトマン氏は9月に国連を招請した北朝鮮当局の招きで同国を訪れた。

関連ニュース

米国務省:国連事務次長の訪朝 米政権のメッセージは携えず

韓国の金正恩氏「斬首部隊」 能力を証明できるか?

 

タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント