09:44 2018年09月24日
米国は2021年のシリア大統領選までアサド政権を認めるのか?

米国は2021年のシリア大統領選までアサド政権を認めるのか?

© REUTERS / SANA
政治
短縮 URL
1151

ホワイトハウスはシリアのアサド大統領が2021年の大統領選挙まで政権に残ることに同意する構えを示した。ニューヨーカー紙が米国および欧州の複数の役人の発言を引用して報じた。

スプートニク日本


ニューヨーカー紙はこの決定について、アサド氏は平和樹立プロセスの枠内で大統領の職を退くべきと唱え続けてきた米政権の態度を一変させるものと指摘している。

ニューヨーカー紙は、米国はシリアにおける軍事キャンペーンで140億ドル以上を費やしたにもかかわらず、「結果的には、シリアをすでに半世紀も統治してきたアサド一族がさらに4年、政権に残ることを認めることになった」と結論付け、「2020年の選挙結果の如何によっては、トランプ氏が大統領の座を退くというときに、アサド氏はまだ政権にあるというシナリオもありえる」と予測している。米国の役人らはアサド氏が2021年の大統領選で勝利した場合、その先さらに何年も残り続けるということもありえると危惧感を表している。

ニューヨーカー紙は「シリアは今、ダマスカス、ハマ、ホムス、ラタキヤ、そしてかつて反対派の玉座に輝くダイヤであったアレッポを含む領域の大部分を掌握している」と指摘。同紙は「外交プランでは米政権はロシア、イラン、トルコという現在、平和プロセスを一手に握る強力な3国によって孤立状態にある」との見解を示し、「ジュネーブで数回にわたる交渉は実を結ばず、国連の尽力も1月にアスタナで開始されるロシアを頂点とする3国の平和交渉に取って代わられた」と結論づけている。

関連ニュース

シリアは主権国家、独立国として保たれている プーチン大統領

プーチン大統領 ロシア軍のシリア撤退開始を命令

タグ
バッシャール・アル=アサド, ドナルド・トランプ, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント