16:56 2018年09月20日
米駆逐艦、USS Benfold (DDG-65) と 日本の曳船

日米、沖縄周辺の上空で軍事訓練を行う

© 写真: U.S. Navy/Mass Communications Specialist 1st Class Benjamin A. Lewis
政治
短縮 URL
116

12日、日本と米国は沖縄周辺の上空で軍事訓練を行った。訓練には米戦略爆撃機が参加した。日本の航空自衛隊が、朝鮮半島における緊張および軍事活動が高まっている中、発表した。

スプートニク日本

航空自衛隊によると、両国の軍部隊の戦術的能力および空中で共同作戦を行う能力の訓練が行われた。

訓練には、グアムから米国の超音速爆撃機超音速爆撃機B-1B「ランサー」が派遣され、在日米軍基地からは空中給油機KC-135、F-35A戦闘機4機、F/A-18戦闘機4機、F-35B戦闘機2機が参加した。

日本の自衛隊は、訓練にF-15戦闘機4機とE-2C早期警戒機を派遣した。

関連ニュース

米軍岩国基地、北朝鮮攻撃の足場になるか【オピニオン】

中国、日米韓の合同軍事訓練に反対する

新たな米韓合同軍事演習 防衛から攻撃への転換か

タグ
航空, 軍事演習, 軍事, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント