21:55 2018年10月23日
米 政府機関でのロシアの「カスペルスキー」プログラム禁止を法制化

米 政府機関でのロシアの「カスペルスキー」プログラム禁止を法制化

© Flickr/ Andrzej Cybulski
政治
短縮 URL
1011

ロシアの情報セキュリティー企業「カスペルスキー研究所」のプログラム製品を米政府機関で使用することが公式に禁止された。米国の2018年度国防予算を定めた国防権限法にはこの禁止に関する規定が盛り込まれており、12日付のトランプ大統領の署名を経て成立した。

スプートニク日本

米国の2018会計年度は公式には10月1日より始まっている。予算採択の遅れは、米議会の上院と下院でそれぞれ作成された2通りの法案の調整が原因で、最終法案が固まったのは11月16日だった。法律にはカスペルスキー社のプログラム使用を10月1日より禁止することが明記されている。

米内務省は9月の時点で既に、「カスペルスキー研究所」プログラム製品が米国の国家安全を脅かすために使用される恐れがあるとして、同様の禁止措置を導入していた。この措置が今回の法律成立を以て法制化されたため、これを廃止・代替できるのは米議会のみとなる。

「カスペルスキー研究所」は今回の米政府の決定に対し、サイバースパイやインターネット上の攻撃活動でいかなる政府も支援していないことを表明した。

関連ニュース

カスペルスキー スパイ行為で同社製品が使用されたとする証拠の提出を求める

カスペルスキー 米国土安全保障省の非難に書面回答へ

在米露大使館 「カスペルスキー禁止は関係改善を遠ざける」

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント