18:34 2019年09月16日
セルゲイ・カラカエフ司令官

露戦略ロケット軍司令官「戦略核戦力発展は依然優先課題」

© Sputnik / Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
0 32
でフォローする

ロシア戦略ロケット軍も含めた戦略核戦力の発展は、ロシアにとって優先課題であり続けており、2020年までに拠出される資金により、装備更新のテンポを維持し、不可欠なインフラ整備の実現を確保することが可能になると、同軍のセルゲイ・カラカエフ司令官がロシアメディアに語った。

スプートニク日本

それによると、核兵器は「ロシア連邦とその同盟諸国の安全保障と、国内外での政策実行の際の独立を確保する保証」であり続けている。

ロシア軍は5年間でどのように刷新されたのか 露国防省の報告書
© Sputnik / Press service of the Northern Fleet/Andrey Luzik
カラカエフ司令官は、「戦略ロケット軍部隊も含めた戦略核戦力の維持と発展は、国家活動の優先的方針であり続けている。脅威に適切に対応するためのミサイル部隊発展の柔軟性と多様性を確保する全ての決定が、現在承認されている。2020年までに拠出される投資資金により、軍部隊の装備更新について計画されているテンポを維持し、配備地域の関係インフラ整備の実現を確保することが可能になる」と述べた。

関連ニュース

第5世代ロシア戦闘機の本格生産スタート時期が明らかに

新型エンジン搭載の戦闘機Su-57が初飛行【動画】

露軍、比例なき性能の新型榴弾砲を導入へ

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント