17:14 2018年06月19日
カタルーニャ州議選 独立派が過半数維持 勝利宣言

カタルーニャ州議選 独立派が過半数維持 勝利宣言

© AP Photo / Emilio Morenatti
政治
短縮 URL
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (47)
0 90

スペイン北東部カタルーニャ州で行われた州議会選挙(定数135)で、独立賛成派が過半数の議席を占めることが確実となった。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

開票率99%の時点で、独立を訴える3派が過半数の70議席を確保した。反独立の新興中道右派「シウダダノス」が37に対し、プチデモン前州首相らの保守系独立派「カタルーニャのための連合(JXC)」が34、ジュンケラス前州副首相の左派系独立派「カタルーニャ共和左派(ERC)」が32。極左系独立派の「人民連合(CUP)」の4となった。

プチデモン氏は「苦境の中、異論の出ない高投票率で勝利した」と宣言し、「すぐに州自治権を回復し、拘束中の政治家らの釈放や自身の帰国を認めるべきだ」と中央政府に求めた。

カタルーニャ州では、スペイン中央政府が認めないまま、独立を問う住民投票が10月1日に実施された。投票の結果に基づき、カタルーニャ州のプチデモン元州首相が独立を宣言したことを受け、スペイン閣僚会議は10月21日、カタルーニャ州の自治権を停止するスペイン憲法第155条の適用を承認し、州議会解散と12月21日の州議会選挙実施を発表していた。

トピック
カタルーニャ州独立を問う住民投票 (47)
タグ
選挙, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント