04:06 2019年12月16日
米副大統領 アフガン撤収時機にコメント

米副大統領 アフガン撤収時機にコメント

© REUTERS / Goran Tomasevic
政治
短縮 URL
0 06
でフォローする

アフガニスタンを電撃訪問したペンス米副大統領は、テロの脅威が解消されるまで米軍は駐留を続けることを表明した。

スプートニク日本

米副大統領は21日、アフガニスタンを予告なしに訪問。安全上の理由から、訪問に関する事前発表は伏せられていた。

ペンス氏は駐留米軍を前に演説し「トランプ大統領政権のもと、我が国へのテロの脅威を永遠に排除しないうちは、米軍はアフガニスタンに駐留し続ける」と述べ、米国は「この闘いで最後まで残る」と強調した。

今年8月、トランプ大統領はアフガニスタン新戦略を発表し、米軍の早期撤収はないと表明。また9月にはトランプ氏の決定に従い、同国へ3千人以上が増派され駐留規模が1万4千人超になることが報じられていた。

 

タグ
マイク・ペンス, アフガニスタン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント