03:23 2018年09月25日
米国務省のヘザー・ノーアート報道官

米、ウクライナに「防衛用武器」の供給を承認

© AFP 2018 / Mandel Ngan
政治
短縮 URL
2218

米国務省のヘザー・ノーアート報道官が、米国がウクライナに防衛用武器を供給すると発表した。同省は、防衛手段が「長期の展望において防衛力を強固にし、主権と領土の一体性を守り、後続する侵略を封じ込めることとでウクライナを助けるために向けられた」努力の枠組みで供給されると強調した。

スプートニク日本

ロイターが伝えるところ、同省は「以前述べたとおり、米国の支援は防衛的な性格のみを帯びている。我々は、ウクライナが主権国家であり、自衛権を持つと常に述べていた」と発表した。
さらに同省は、米国がウクライナ東部の情勢正常化のためにミンスク合意を遂行し続けていると指摘する。

11月、2018年度の米国防総省の予算と方針に関する法案が採択された。同法ではウクライナに3億5000万ドルを拠出することが提案されている。同法の一環で、米国はウクライナに「防衛用武器や兵器」を供給し、「ウクライナ兵士を訓練し、技術的支援を行う」ことができるという。

ロシアは米国のこうしたプランを批判。ロシア外務省のハイル・ウリヤノフ不拡散・軍備管理局長は、プランを策定した人々がウクライナ東部の情勢の「爆発の危険性が不十分」だと見なし、「火に油を注ぎ」たいのだと確信している。

先ほど、ウクライナ問題についてプーチン大統領は年次大型記者会見の中、米国もまた、ウクライナにおける解決に対して完全な資格を持つ参加国であると強調した。

また、プーチン大統領は改めて、ウクライナ東部ドンバスにロシア軍はいないと否定した。一方で、プーチン大統領によると、あらゆる攻撃を撃退する用意のある民兵組織は存在するという。

2015年、欧州安全保障協力機構(OSCE)および承認されていないドネツク人民共和国ならびにルガンスク人民共和国参加の下、ウクライナ東部での軍事紛争のデスカレーションを目的に、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの指導者がミンスク合意に至った。

タグ
軍事, 戦争・紛争・対立・外交, ウクライナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント