20:29 2018年06月25日
ラヴロフ外相

「ダーイシュ」壊滅後の米軍のシリア駐留は、国の統一に問題を投げかけている

© Sputnik / Irina Kalashnikova
政治
短縮 URL
1181

シリアでテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が壊滅した後も同国に米軍が違法に駐留し続けていることは、シリアの政治プロセスを妨げ、国の統一に問題を投げかけている。ロシアのラヴロフ外相が、リア・ノーヴォスチのインタビューで語った。

スプートニク日本

ラヴロフ外相は、シリア政府は「テロ対策の焦眉の問題という名目で」米国を事実上「我慢」することができるが、米軍のシリアでの「違法な」駐留は、「政治的解決の道に現実的な障害」をつくり出していると述べた。

ロシアのプーチン大統領は12月11日、シリアにあるロシアのフメイミム空軍基地で軍人らを前に演説し、シリアでの「ダーイシュ」壊滅を受け、シリアからのロシア軍部隊の撤退開始を命じた。

ラヴロフ外相は、ロシアは状況の正常化、平和と秩序の回復で引き続きシリアを支援すると指摘した。

関連ニュース

米国防総省、露軍のシリア撤退にコメントを拒否

シリア情報相「米・トルコ両軍の駐留は侵略行為」

タグ
セルゲイ・ラブロフ, シリア, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント