02:41 2020年08月05日
政治
短縮 URL
0 10
でフォローする

西アフリカ・リベリアで28日、大統領選決選投票が行われた。選挙管理委員会が発表したところによると、サッカーの元国際的スター選手ジョージ・ウェア氏は61・5%を得て、優勝したという。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

内戦などの政情不安が連続しているリベリアで今回の大統領選は70年以上ぶりの民主的な政権交代となる。

ウェア氏は1990年代にサッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のACミランなどで活躍した。2005年の大統領選にも出馬したが敗北したという。

ウェア氏の大統領プログラムはリベリアの貧困を解消すること。

タグ
大統領選挙, スポーツ, サッカー, リベリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント