22:29 2018年07月23日
英議会 ロシア「介入」疑惑でフェイスブックとツイッターに情報提供を要請 応じなれば制裁も

英議会 ロシア「介入」疑惑でフェイスブックとツイッターに情報提供を要請 応じなければ制裁も

© Fotolia / By-studio
政治
短縮 URL
217

英議会がSNSのフェイスブックとツイッターに対し、ロシアがこれらを利用してEU離脱に関する国民投票(ブレグジット)に介入していたことに関する情報の提出に3週間の期限を設けた。ガーディアン紙が伝えた。

スプートニク日本

ロシアの「介入」に関する調査を担う下院のデジタル・文化・メディア・スポーツ特別委員会のダミアン・コリンズ委員長は、フェイスブックとツイッターの両社が2018年に1月18日までに情報を提供しない場合、制裁措置を設けると警告した。

関連ニュース

FB ニュースフィードの「ロシア・プロパガンダ」チェック機能を始動

フェイスブック「『ロシア広告』の半数以上は選挙後に米で表示」

タグ
facebook, ツィッター, 英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント