07:52 2018年12月15日
ロシア外務省のセルゲイ・リャプコフ次官

ロシアは、日本のミサイル防衛システム配備を考慮した軍事計画を立てる ロシア外務省

© Sputnik / Andrey Stenin
政治
短縮 URL
1184

ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は、ロシアは軍事計画を立てる際に日本のミサイル防衛システム配備を考慮していくことを明らかにした。

スプートニク日本

リャブコフ外務次官は、米国のMDグローバルシステムのアジア・セグメント構築に日本は以前から取り込まれていると指摘。

リャブコフ外務次官は、日本領内に展開されうる複合体は 技術かつ、機能の上で米国のものと同一との見方を示している。

リャブコフ外務次官は、「日本の同僚に秤にかけて考えるよう再度呼びかけたい。中距離核戦力全廃条約の違反に加担することは彼らの国益となるのかと」と強調した。

リャブコフ外務次官は、「日本の同僚に秤にかけて考えるよう再度呼びかけたい。中距離核戦力全廃条約の違反に加担することは彼らの国益となるのかと」と強調した。

関連ニュース

日本政府 陸上型「イージス・アショア」2基導入を決定 北ミサイル防衛を強化

日本がロシアに見出すのは戦略的な関係、或いは脅威をもたらす存在か

露外相、北朝鮮との武力紛争で最初にどの国が被害を受けるかについて語る

タグ
ミサイル, 露日関係, ロシア外務省, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント