22:49 2018年06月21日
露日関係

共同「日本、露との領土交渉を19年に再び活発化の意向」

© Sputnik / Dmitry Astakhov
政治
短縮 URL
248

日本政府は南クリル諸島(北方四島)問題について、プーチン大統領との交渉による方が解決がより容易であると考え、そのため2019年に東京で開かれるG20首脳会合へのプーチン氏の出席を期待するとともに、これとは別に2国間訪問を組むことも検討している。5日、複数の政府筋の話として共同通信が伝えた。

スプートニク日本

それによると、日本政府はG20へのプーチン氏の出席を期待するだけでなく、2019年5月にプーチン氏を2国間会談に招待することも検討しているという。政府筋によると、日本政府は「国内権力基盤が盤石なプーチン氏の在任中に」南クリル諸島問題の解決を試みる意向だ。

プーチン氏と安倍氏
© Sputnik / Сергей Гунеев
一方、今年3月18日にロシアの次期大統領選挙が実施されるため、日本側が誰を招待するかについて語ることは、今はまだ誰にもできない。大統領就任式は5月に行われる。

また共同通信は、安倍首相がプーチン氏を招待するタイミングは、今年5月に予定されている安倍氏のロシア訪問時だとも指摘している。さらに政府筋によると、今年9月にウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」でも2国間会談を行うことを安倍氏は希望しているという。

関連ニュース

安倍首相 南クリルの合同開発 一刻も早く開始

プーチン大統領の選挙立候補を支持する署名集めがスタート

タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント