17:06 2018年07月17日
クリミア

米海軍の哨戒機、クリミア近くで偵察【写真】

© Sputnik / Sergey Malgavko
政治
短縮 URL
0 313

軍用機の動きを監視するサイト「Mil Radar」は、米海軍の対潜哨戒機「Pー8A ポセイドン」がクリミア沖の黒海上空で偵察を行ったと伝えた。

スプートニク日本

戦略的状況研究所のイバン・コノヴァロフ所長はRTのインタビューに対し、「Pー8A」がクリミア沖を航行した理由を語った。

​コノヴァロフ氏は「目的は明らかでクリミアの現代軍事インフラの偵察だ。インフラが強力なこともまた明らかだ。ロシアの指導部はこれを隠していない」と述べた。

コノヴァロフ氏によると、クリミア半島は「要塞化されて」おり、陸軍、対空部隊、対ミサイル航空隊といった全ての構成要素からなる部隊が駐屯している。

関連ニュース

露国防省、ロシア国境付近へのNATO部隊配備についてコメントする

米軍機の飛行をロシアが遮断 「安全性に欠ける」行為と米国防総省が非難

タグ
ロシア, 米国, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント