18:31 2018年01月16日
東京+ 13°C
モスクワ-7°C
    トランプ氏

    アフリカ諸国、トランプ氏の「汚い国々」に関する発言を非難

    © AFP 2018/ Saul Loeb
    政治
    短縮 URL
    120

    国連に加盟するアフリカ諸国の大使らは、トランプ米大統領がアフリカの国々を「shithole(臭い穴)」と呼んだことについて、「言語道断」であり「人種差別主義的」だと非難し、謝罪を要求した。

    スプートニク日本

    報道によると、トランプ大統領は移民に関する会合で第三世界の国々を「臭い穴」と呼んだ。トランプ氏は特にハイチ、エルサルバドル、一連のアフリカ諸国について言及したとみられている。

    アフリカ連合の国連大使らは、「ショックを受けている」とし、「言語道断で、人種差別主義的で外国人嫌悪的な発言を強く非難する」と抗議し、「発言の撤回と謝罪を求める」との声明を表した。

    関連ニュース

    トランプ氏 ビザ抽選での移民は「ごみ」

    タグ
    びっくり, 移民, 国連, ドナルド・トランプ, アフリカ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント