04:48 2020年09月27日
政治
短縮 URL
284
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は18日、16日にカナダで開催した北朝鮮問題を巡る外相会合について、米国のトランプ政権が朝鮮半島で新たな戦争を起こすことを目指しているとして非難した。NHKが伝えた。

スプートニク日本

20カ国が参加した外相会合では北朝鮮が非核化に向けた意志を指示するまで圧力をかけ続ける方針を確認した。

北朝鮮は、「南北関係の変化によって朝鮮半島で緊張緩和の兆しが見えているが、米国がこうした空気に冷や水を浴びせ、制裁と圧迫をさらに強化しようとしている」と反発した。NHKが北朝鮮外務省の傘下にある米研究所の声明を伝えた。

また、北朝鮮は「米国は朝鮮半島で新たな戦争の火種を起こそうとしている」と非難した。

関連記事

米国務長官、対北朝鮮経済制裁の効果を説明

北朝鮮との国交断絶求める河野外相の呼びかけは『戦争事由』になるおそれ=ロシア人専門家

北朝鮮 核の出現後、最も深刻な脅威

タグ
核兵器, ミサイル, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント