09:23 2021年05月17日
政治
短縮 URL
0 03
でフォローする

マティス米国防長官がハワイで26日に韓国の宋永武国防相と会談することが24日、わかった。朝鮮民主主義人民共和国に関して平昌冬季五輪後を見据えた対応が主要議題となる見通し。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

マティス氏は機中で記者団に、北朝鮮の核保有を容認できない理由について問われ、1950年代の朝鮮戦争では休戦協定が締結されただけで、平和協定が依然結ばれていない状況に言及。朝鮮半島は「特異な」安全保障環境に置かれている上で、隣国の中露日も見解を共有しているはずだと説明した。

関連ニュース

首相、平昌五輪開会式出席へ 韓国大統領との会談調整

「亡国五輪」と脱北者 北朝鮮協力で韓国政府非難

韓国、北朝鮮の五輪先遣隊受け入れを承認

タグ
ジェームズ・マティス, 北朝鮮, 米国, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント