02:52 2018年10月22日
ロシアの戦闘機Su-27

米偵察機へ緊急発進の露スホイ 米国務省が「危険な行為、やめよ」

© Sputnik / Igor Zarembo
政治
短縮 URL
2112

米国務省は、黒海上空を飛行していた米偵察機にロシアの戦闘機が緊急発進を行ったことに対して深い憂慮を表し、衝突の危険を避けるためにこうした行動を止めるようロシアに呼び掛けた。

スプートニク日本

これより前にロシア国防省は黒海の中立水域の上空を飛行中の米空軍の電子通信偵察機ЕР-3Е アリエス IIに対してロシアのSu-27が緊急発進を行ったことを明らかにしていた。スホイ機のパイロットは米航空機を確認したと報告し、安全措置を万全に順守しながら随伴飛行を行い、ロシア領空の侵犯を許さなかった。

米国務省のナウアート報道官は「在ヨーロッパ米空軍司令部は、ロシアのSu-27機が国際空域において米Ep-3機に安全を欠く接近を行った。ロシア人パイロットは5フィート(1.5メートル)に距離まで接近し、Ep-3機の回廊の前を直接通過した」と語っている。

ナウアート報道官は、米国は国際法の規則に準じて行動していたのに対し、ロシア側はこの場合、1972年からの海上事故防止協定(INCSEA)の国際規則を著しく侵害したと主張している。

関連

露戦闘機Su-27が米機にスクランブル 米国防省が写真を公開

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント