01:23 2018年08月19日
対艦弾道ミサイル「DF-21D(東風-21D)」

中国、近代化されたユニークなミサイル「空母キラー」の実験を行う

© AFP 2018 / Ng Han Guan
政治
短縮 URL
0 121

中国は、近代化した対艦弾道ミサイル「DF-21D(東風-21D)」の実験を行った。DF-21Dはマスコミで「空母キラー」と呼ばれている。アジア・タイムズが報じた。

スプートニク日本

DF-21D近代化の詳細は伝えられておらず、わかっているのはミサイル(コードネームはDF-21G)が30%強化されたということのみ。

アジア・タイムズによると、道がなくても走行可能なDF-21D用の新たな移動式発射台も開発された。

DF-21Dは、世界初かつ世界で唯一の対艦弾道ミサイルとされている。射程は2700キロ。

軍事アナリストらは、DF-21Dは最良の空母の防御を突破できるとの見方を示している。

DF-21Dは、冷戦時代に入ってから米海軍の世界支配にとって初の脅威となり、「空母キラー」と呼ばれている。

関連ニュース

米戦闘機に新世代ミサイル搭載へ

ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発

タグ
ミサイル, 武器・兵器, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント