01:06 2018年10月21日
アサンジ氏

ロンドンの裁判所、アサンジ氏逮捕の効力を存続

© Sputnik / Alex McNaughton
政治
短縮 URL
0 18

ロンドンのウエストミンスター治安判事裁判所は、内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ氏の逮捕状の効力を存続させた。通信社スプートニクが報じた。

スプートニク日本

法廷で弁護側は身柄引き渡しに反対する証言を行ったが、裁判官は、弁護側の論拠を退けた。

裁判所の決定は、アサンジ氏が数年前から滞在しているエクアドル大使館の外に出た場合、英国警察によって直ちに拘束されることを意味している。

アサンジ氏は2012年から在英エクアドル大使館に滞在している。同氏はウィキリークスでの活動に関連してスウェーデン当局が同氏を米国へ引き渡すのを恐れ、2002年、エクアドル政府に政治亡命を申請した。

関連ニュース

アサンジ氏 逮捕状取り下げ要求の口頭弁論 今日ロンドンで

スウェーデン検察、アサンジ氏の逮捕状を撤回

タグ
ジュリアン・アサンジ, ロンドン, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント