02:39 2020年08月05日
政治
短縮 URL
0 28
でフォローする

米国は宇宙防衛の予算を増額しており、宇宙戦争は望まないが準備ができている必要があると、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)が明らかにした。

スプートニク日本

マクマスター氏は「宇宙は地空海と並び戦闘領域となった。そして、私たちが宇宙に紛争をもたらすことを望んでいなくても、米国は有事に備えて準備する」と述べた。

マクマスター氏はさらに、宇宙空間での緊張は米国の「敵」のせいで増していると指摘したが、具体的な国名は挙げなかった。

一方、コーツ国家情報長官は最近、ロシアと中国が宇宙の軍事利用を強めているとして非難した。

関連ニュース

米国家情報長官 「北朝鮮のミサイル実験は2018年も続く」

タグ
武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント