17:34 2018年11月16日
ラジェス航空基地

米軍基地はがんをポルトガルにもたらした

© 写真: U.S. Air Force/ Tech. Sgt. Paul Villanueva II
政治
短縮 URL
1613

ポルトガルでの米軍の存在は、現地住民にとって悲劇的な結果になった。同国アゾレス諸島テルセイラ島にあるラジェス航空基地周辺で、がんの急増を記録した。ドイツに本拠を置く通信社「Ruptly」が明らかにした。

スプートニク日本

冷戦時代から周辺住民は、環境を破壊する核兵器を密かに配備していると米国を疑っていた。

ポルトガルの学者がRuptlyに語ったところ、大量疾患を引き起こす土壌汚染は自然の原因で説明することが不可能である。

リスボンにある公衆衛生高等学校のノルベルト・メッシアシュ教授は「現地住民は他のポルトガル人と同じ遺伝子、同じ文化、同じ食習慣を持つ。唯一の違いは、ラジェス米軍基地からの汚染だ」と述べる。

ラジェス航空基地は欧州に向かう米国機の燃料補給地点として冷戦前に建設された。浄化システムは一切なく、垂れ流しの航空燃料は島の土壌に浸透し、強度の汚染を引き起こした。

ポルトガルの調査報道ジャーナリズムのヌノ・シマシュ氏は、米政権が島に核弾頭を配備するという秘密条約をポルトガル政府と結んだと見ている。

これは、テルセイラ島で基準の50倍の汚染を発見した最近の研究結果の原因を説明するかもしれない。

関連ニュース

米軍族女性殺害 遺族は米政府に補償要求へ

フィットネスアプリで米軍基地を発見

タグ
ガン, 軍事基地, ポルトガル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント