09:16 2020年04月02日
政治
短縮 URL
2130
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は、同国が新たな種類の兵器を保有しているとの宣言後にアナリストらが示した「新たな冷戦が始まった」との見解について、「プロパガンダ」であると述べた。米NBCテレビとのインタビューで語った。

スプートニク日本

プーチン大統領 最新兵器の実験成功を明らかに【動画】
© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation
プーチン氏の見解によると、軍拡競争は既に、米国が弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約から脱退した2002年に始まっていた。

またプーチン氏は、発表された兵器は全て、既に試験を無事通過したと確認し、米国の納税者がミサイル防衛(MD)に費やした金は「風に放り出された」と語った。

プーチン大統領は年次教書演説で数分間、ロシア防衛産業の新兵器について語った。演説では、MDシステム突破システム搭載の新型弾道ミサイル「サルマト」発射を映した3D映像が流された。
プーチン大統領はさらに、ロシアが弾道飛行経路を用いないためMDシステムに対して全く脆弱性がない特別な戦略兵器の開発をはじめたと付け加えた。

関連ニュース

プーチン大統領、ロシアのMDシステム突破システムについて語る

ウラジーミル・プーチン氏 略歴

タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント