13:44 2018年10月16日
ペンス副大統領、イラン核合意からの早期離脱を警告

ペンス副大統領、イラン核合意からの早期離脱を警告

© REUTERS / Joshua Roberts
政治
短縮 URL
127

米政府はイランによる核兵器開発を許さないと、ペンス米副大統領が述べた。

スプートニク日本

オバマ氏
© REUTERS / Fabrizio Bensch
副大統領によると、イランは弾道ミサイルの開発作業を続けており、またテロ組織への支援を行っているという。

ペンス副大統領は、トランプ米大統領がイランに対する再度の制裁を自制したと指摘したものの、将来は似たような緩和措置を行う意図は米国にはないと強調した。

オンライン紙「タイムズ・オブ・イスラエル」によると、ペンス副大統領は、「間違えてはならない、これは彼ら(交渉担当者)の最後のチャンスだ。もしイランの核合意が今後数カ月のうちに見直されなければ、米国は合意から即座に離脱する」と述べた。

国際原子力機関(IAEA)は先に、核合意の枠内での義務のイラン側による履行を確認している。一方、イランのザリフ外相は、同国の核計画に関する「包括的共同作業計画(JCPOA)」に違反しているとして欧州諸国と米国を非難した。

関連ニュース

米国の新たな核戦略に対する各国の反応

イラン、新型国産弾道ミサイルを公開

米はイランへの圧力強化の口実を模索=露外務省

タグ
マイク・ペンス, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント