17:09 2018年06月25日
露日の選挙戦における要素としてのクリル論争

露日の選挙戦における要素としてのクリル論争

© REUTERS / POOL
政治
短縮 URL
525

2018年、ロシアと日本でそれぞれの国の指導者を選ぶ選挙が行われる。ロシア大統領選挙と日本の自由民主党総裁選挙だ。専門家らの予測と世論調査によれば、ロシアのプーチン現大統領と日本の安倍現首相が指導者のポストにそれぞれ再選、3選されるとみられている。ロシア科学アカデミー極東研究所のワレリー・キスタノフ日本研究センター所長は、このことはつまり、今後数年間、安倍首相がプーチン大統領から領土的譲歩を得ようと努力し続けるということを意味すると考えている。

スプートニク日本

キスタノフ所長によれば、「北方領土」問題の日本にとって受け入れ可能な条件での解決は、安倍首相にとって主要な外交的課題の一つだ。島々のロシアからの引き渡しを達成し、その後ロシアとの平和条約を締結することで、自身より以前には誰も処理できなかった問題を解決した政治家として自らの国の歴史に名を残すことを望んでいるのだ。そして、安倍首相とその政権は、領土問題の解決においてプーチン大統領個人に賭けている。その期待とは、プーチン大統領のような権威ある国家指導者によって行われた領土的譲歩は、ロシアの世論に理解をもって迎えられるだろうということにある。まさにこれが理由で、米政府の不満を無視して、西側諸国による対ロシア制裁が強まるという状況の中、安倍首相はロシアとの明確な接近路線を維持し、プーチン大統領との個人的関係強化を目指しているのだ。

2016年12月のプーチン大統領の訪日中、両指導者は南クリルの4つの島(北方四島)での共同経済活動について合意した。この合意は日本側によって、自らの「北方領土」を返還させるという究極の目標への道の重要な一歩とみなされている。しかし、キスタノフ所長によれば、経済協力を通じたロシアと日本の間の相互信頼の深化が、ロシア側による領土的譲歩を自動的にもたらすわけではない。このことについては日本社会でも語られている。一連の日本メディアと専門家らは、ロシアが日本との共同経済活動を、遅れた島々の経済を再生させる手段としてしかみていないと確信している。

領土問題に関わる交渉が今後どのように進展していくかは、安倍首相がモスクワを訪問する5月に明らかになるだろう。

関連ニュース

二階幹事長、訪露検討 安倍首相の訪露環境整備で

ロシアはクリル諸島での共同活動に関する日本の更なる特典への協定の準備ある=露外務省

安倍首相、北方領土交渉進展へ決意 「異常な状態打開」

タグ
露日関係, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント