18:42 2018年06月18日
河野外相とティラーソン国務長官(アーカイブ)

河野外相、ティラーソン国務長官の解任にコメント

© REUTERS / Jonathan Ernst
政治
短縮 URL
113

トランプ米大統領が13日にティラーソン国務長官を解任したことを受けて、日本の河野外務大臣は遺憾との意を示し、後任のポンペオ中央情報局(CIA)長官と早期に会談を始める狙いを示した。NHK が伝えた。

スプートニク日本

河野氏はティラーソン氏の解任について「意見がぶつかることもあったが、本当に率直に信頼し合い、話ができる相手だったので、こういう事態になったことは、個人的には非常に残念だ」と述べた。

また、ポンペオ氏の指名について「北朝鮮問題では米国がカギを握るので、後任の国務長官ともなるべく早くお目にかかり、北朝鮮問題などについて意見交換を始めたい。米朝による協議の前に、日米韓3か国で議論し連携を強めていくことが大切だ」と指摘した。

先ほど、トランプ大統領はティラーソン国務長官を更迭し、ポンペオCIA長官と交代させるとツイッターに投稿した。トランプ大統領は、仕事に対してティラーソン氏に謝意を表した。CIA長官には、ジーナ・ハスペルCIA副長官が就任する。

タグ
河野太郎, マイク・ポンペオ, レックス・ティラーソン, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント