10:47 2018年09月26日
国連安保理(アーカイブ)

スクリパリ氏事件 国連安保理が非公開会議を開始

© Sputnik / Dmitry Astakhov
政治
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (105)
0 08

英国に居住するロシア連邦軍参謀本部情報総局の元大佐、セルゲイ・ スクリパリ氏とその娘ユーリヤ氏の服毒事件を受けて、国連安保理は非公開形式で会議を開始した。スプートニクの記者が現地から報じた。

スプートニク日本

会議は英国の発案で日本時間15日、午前4時から開始され、公開形式で実施されるはずだったが、現在は安保理メンバーらは非公開形式で協議を続けている。

国連本部内の消息筋が記者団に明らかにしたところによれば、協議は15-20分程度で終わるものと見られている。

非公開協議には常任理事国メンバーなど、ロシアのネベンジュ国連大使をを筆頭に、15か国の外交官らが参加している。

会議は英国の発案で行われている。会合の前、英国のジョナサン・アレン国連大使が発言し、事件を「罪もない市民に生命の危険に晒す、議論の余地のない、見境のない行為」と非難した。

アレン大使はさらに、ロシア側は事件についての説明を行わなかったことから、英国はこれは「化学兵器拡散禁止に反対するため、国家が金を払ってやらせた行為」だったという結論に達したと断定している。

関連ニュース

英国 スクリパリ氏事件に対する自国の帰結の是非調査を化学兵器禁止機関に要請

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (105)
タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント