21:55 2018年04月20日
東京+ 20°C
モスクワ+ 13°C
    トランプ大統領、EUが国外追放したロシア人外交官の数が少なかったことに腹を立てる

    トランプ大統領、EUが国外追放したロシア人外交官の数が少なかったことに腹を立てる

    © AFP 2018 / Mandel Ngan
    政治
    短縮 URL
    136

    トランプ米大統領は、米国がロシア外交官60人を国外追放したのに対し、フランスとドイツがそれぞれ国外退去処分にしたのは4人だったのを知り、腹を立てた。ワシントン・ポスト紙が報じた。

    スプートニク日本

    同紙によると、米大統領補佐官らは3月24日に、米国は「欧州の同盟国らとほぼ同数のロシア外交官」を国外追放するべきだとした行動計画をトランプ大統領に提示していた。

    なおそれは外交官の総数を意味していたが、トランプ大統領はEU各国それぞれのことだと思い、事実を知り激怒したという。

    高官によると、トランプ大統領は補佐官らに卑猥な言葉を浴びせ始め、トランプ政権はロシアに対して最も厳しい姿勢を取っているということになったとし、「総数は気にしない」と叫んだという。

    欧米諸国は3月末、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐と娘のユリアさんが英国で毒を盛られるという事件が起こった後、合わせておよそ150人のロシア外交官を国外追放し、ロシアもこれに対し同様の措置を講じた。

    関連ニュース

    米国、ロシアに新たな制裁へ シリア化学兵器疑惑で

    シリア攻撃 紛争激化となるか?

    タグ
    制裁, 露米関係, ドナルド・トランプ, ロシア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント