12:27 2018年12月10日
ニコライ・パトルシェフ連邦安全保障会議書記

露安全保障会議、米国による「脅威」を無力化するための措置を協議

© Sputnik / Alexei Nikolsky
政治
短縮 URL
1180

ロシア連邦安全保障会議のニコライ・パトルシェフ書記は、米国の対露政策の変更に伴いロシアの国家安全保障の脅威が高まっているため、この脅威を無力化するための追加措置の作成が必要とされていると発表した。

スプートニク日本

パトルシェフ氏は「主要な課題として、外交政策の攻撃性の高まり、ロシアの防衛、国家及び公共的安全保障の十分なレベルの確保に関連する課題を解決する必要がある」と強調した。

また同氏は、「米国の方針に従っている」国を含む外国の国々との協力の可能性のある分野をさらに摸索する必要性を指摘した。

関連ニュース

米国防総省、ロシア製MDシステムを批判

露外務省 米国との航空機乗り入れ停止もありうる

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント