04:22 2018年05月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 17°C
    CIA、ビンラディンを「売った」医師の救出作戦が失敗=関係筋

    CIA、ビンラディンを「売った」医師の救出作戦が失敗=関係筋

    © AP Photo / Anjum Naveed
    政治
    短縮 URL
    293

    中央情報局(CIA)は、国際テロ組織アルカイダの元指導者オサマ・ビンラディン容疑者の殺害作戦で米国を手助けした医師、シャキル・アフリディ被告をパレスチナの刑務所から脱出させる準備をしていた。解放はトランプ米大統領が約束していた。しかし、パキスタンの情報当局により脱走作戦は妨害された。状況に詳しい関係筋2人がリア・ノーボスチに伝えた。

    スプートニク日本

    二人の関係筋はリア・ノーボスに27日、昨年12月に計画された脱走を理由に、アフリディ被告がパキスタンのペシャーワルにある刑務所から他の刑務所に移されたと伝えた。

    匿名の関係筋は「CIAはペシャーワル刑務所からシャキル・アフリディ医師を解放することを計画し、脱走を企てていたが、(パキスタンの情報局)軍統合情報局(ISI)が妨害した。同時にCIAのためにも働いていた地元のある情報提供者がこの情報を渡した」と伝えた。

    関係筋によると、米国は以前も、アフリディ容疑者を引き渡すようパキスタンに要請していた。「情報機関は、海外を始めとする他の秘密機関と情報提供者からの信用を保つため、身元が暴かれた情報提供者を保護する。このためにCIAは政府レベルで一度ならず、アフリディ容疑者の引渡しを要請してきた。これはトランプ大統領にとっても、パキスタンへの要求リストにおける重要な事項の1つだった」と関係筋は話した。

    「明らかに、解放が同国の主権を侵害し、法体系を弱体化させるだけでなく、米国の諜報活動に拍車をかけると考えている軍の立場から、パキスタンはアフリディ医師の解放を拒否していた。パキスタンは(米国で教育を受けたパキスタン生まれの女性科学者で、米連邦捜査局(FBI)局員や米兵士を襲おうとした罪でテキサス州にある連邦刑務所で服役中の)アーフィア・シディキ受刑者との交換すら拒否した。」

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント