06:38 2018年05月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 10°C
    マレーシアで60年以上ぶりの政権交代 マハティール新政権に国民は大きな期待

    マレーシアで60年以上ぶりの政権交代 マハティール新政権に国民は大きな期待

    © AFP 2018 / KAZUHIRO NOGI
    政治
    短縮 URL
    1200

    マレーシアでは9日に行われた下院選挙でマハティール・モハマド氏(92)率いる野党連合「希望連盟」が勝利し、マハティール氏が首相に就任した。

    スプートニク日本

    マハティール氏は1981年から2003年の間、与党「国民戦線」と内閣を率いてきた。マハティール氏の名前はマレーシアが社会、経済の絶頂期を築いた時代とともに記憶されている。

    与党「国民戦線」はナジブ・ラザク首相政府が関与したとみられる汚職スキャンダルが原因となって敗北した。

    野党連合「希望連盟」の新政権誕生で国民の間には汚職の撲滅と近年、激化する民族間、宗教間対立の解決の期待が高まっている。

    マレーシアは今回の選挙で、1957年、英国からの独立以来、初めての政権交代を迎えた。

    タグ
    マレーシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント