15:34 2018年06月21日
プーチン大領領からメルケル首相に贈られた花束に対するドイツのタブロイド紙「Bild」の解釈は、プーチン氏に対する侮辱であると、露下院副議長のイリーナ・ヤロヴァヤ氏は述べた。

露下院副議長、プーチン氏からメルケル氏への花束に関する「Bild」紙の記事に言及

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
政治
短縮 URL
1120

プーチン大領領からメルケル首相に贈られた花束に対するドイツのタブロイド紙「Bild」の解釈は、プーチン氏に対する侮辱であると、露下院副議長のイリーナ・ヤロヴァヤ氏は述べた。

スプートニク日本

プーチン大領領からメルケル首相に贈られた花束に対するドイツのタブロイド紙「Bild」の解釈は、プーチン氏に対する侮辱であると、露下院副議長のイリーナ・ヤロヴァヤ氏は述べた。

以前、Bild紙が公開した記事で著者は、メルケル首相に花束を贈ったプーチン大統領のしぐさを、「何らかの合図」であるとして評価しなかった。

「女性に花束を上げることは素晴らしい伝統であり、また女性の特権である。たとえその女性が政治家であろうとも」とヤロヴァヤ氏は考えている。

プーチン氏とメルケル氏は金曜日、ソチで首脳会談を行った。メルケル氏との対話は充実かつ時宜を得たものであったとプーチン氏は述べている。一方、メルケル氏は、ロシアと良好な関係を維持していくことはドイツの戦略的利益に含まれると述べた。

タグ
アンゲラ・メルケル, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント