13:14 2018年06月21日
ドナルド・トランプ米大統領は25日、中止を発表していた米朝首脳会談に関し、当初シンガポール予定されていた「6月12日の開催もありうる」とし、会談の再調整を模索していることを明らかにした。

米朝首脳会談、6月12日開催もありうる=トランプ米大統領

© REUTERS / Yuri Gripas
政治
短縮 URL
1104

ドナルド・トランプ米大統領は25日、中止を発表していた米朝首脳会談に関し、当初シンガポール予定されていた「6月12日の開催もありうる」とし、会談の再調整を模索していることを明らかにした。

スプートニク日本

一方、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金桂冠第1外務次官は、24日の米国の首脳会談中止の発表を受け遺憾の意を示していたが、「いつでも、どのような形であっても米国と対話する用意がある」と当会談に対する前向きな態度を示した。

トランプ氏はまたツイッター上で、「北朝鮮側から温かく、建設的な声明を受け取るのは非常に好ましいニュースである」と評価している。

関連ニュース

トランプ氏、シンガポールで予定の米朝首脳会談中止の書簡を金正恩氏に=ホワイトハウス

韓国外相、ポンペオ長官と電話会談 米朝サミット中止に遺憾表明

政府、米朝会談中止に理解 「問題解決が重要」

タグ
ドナルド・トランプ, 金正恩, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント