16:45 2018年09月26日
安倍晋三首相は、ウラジーミル・プーチン露大統領との首脳会談後、「われわれの世代」で露日間の平和条約締結の問題を解決していく意向を明らかにした。

平和条約締結の問題に終止符を=安倍首相

© Sputnik / Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
176

安倍晋三首相は、ウラジーミル・プーチン露大統領との首脳会談後、「われわれの世代」で露日間の平和条約締結の問題を解決していく意向を明らかにした。

スプートニク日本

「70年以上にわたる平和条約締結の問題の解決は容易なことではない。しかし、われわれの世代でこの問題に終止符を打ちたい。これは最重要課題である。」と安倍氏は述べる。

一方プーチン氏は、ロシア、そして日本の国益にかない、両国民に受け入れられるようなソリューションの模索を忍耐強く続けていく必要性を訴えた。

同氏は以前、平和条約の締結はキリル諸島での共同経済活動や両国の関係の発展の中でありうるものであると述べている。

関連ニュース

プーチン大統領 何が日本との平和条約締結を促すかを語る

安倍首相、プーチン氏と会談 領土問題進展へ議論

タグ
露日経済協力, 露日関係, 安倍晋三, ウラジーミル・プーチン, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント