15:27 2018年06月21日
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、当面の間は核実験施設の撤去を行う予定はないとの米中央情報局(CIA)の見方がある中、ドナルド・トランプ氏は北朝鮮との首脳会談を行う意向を示している。これについて火曜日、米NBCがトランプ政権の3人の人物の言葉を引用して伝えた。

北朝鮮は当面、核ポテンシャルを手放すつもりはない=米CIA

© AP Photo / Carolyn Kaster
政治
短縮 URL
142

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、当面の間は核実験施設の撤去を行う予定はないとの米中央情報局(CIA)の見方がある中、ドナルド・トランプ氏は北朝鮮との首脳会談を行う意向を示している。これについて火曜日、米NBCがトランプ政権の3人の人物の言葉を引用して伝えた。

スプートニク日本

彼らは、米国が北朝鮮との首脳会談の中止を発表する数日前に、トランプ政権の同僚の間で広まった機密報告書にそのことが書かれているという。報告書の記載内容が他の諜報機関が出した結論と全く一致していることを指摘しながら、「彼ら(北朝鮮)は核を放棄するつもりはない」と消息筋の1人が述べている。

北朝鮮国内でのハンバーガーレストランの開店を例として、金正恩朝鮮労働党委員長が、基本的には非核化の意志を持っていることを、当報告書の作成者は認めている。CIA分析官の観点では、金氏はトランプ氏の弱点、つまりハンバーガーへの愛を知りながら、そのようにしてトランプ氏を「買収する」つもりでいる。

米朝会談は当初、6月12日にシンガポールで行われることが予定されていた。先週、トランプ氏は北朝鮮の「敵意ある声明」を理由として、会談の中止の可能性を記した書簡を金氏に送っている。しかし、その後間もなくして、トランプ氏は北朝鮮の非核化問題の首脳会談が開催される可能性について述べた。

関連ニュース

6月7日に日米首脳会談 正恩氏との会談に備え=ホワイトハウス

タグ
中央情報局, ドナルド・トランプ, 金正恩, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント