21:02 2018年09月25日
マレー航空17便撃墜

マレーシア マレー航空17便撃墜でロシアを非難は証拠不十分

© AP Photo / Sergei Grits
政治
短縮 URL
1281

マレーシアのアンソニー・ロク運輸相は、ロシアを2014年、ウクライナ東部で起きたマレー航空17便撃墜事件の加害者にしてはならないとする声明を表した。チャンネルニュースアジア紙が報じた。

スプートニク日本

ロク運輸相は「合同捜査グループの出したデーターにはロシアを非難できるような確固たる証拠はない。証拠もなくロシアに向かって指をさしてはならない」と述べ、この次にとるべき行動は二国間の外交関係を考慮し、証拠を基に行われねばならないと指摘している。

関連ニュース

タグ
事件, 戦争・紛争・対立・外交, マレーシア, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント