00:27 2018年10月23日
トランプ大統領 安倍氏との会談

トランプ大統領 安倍氏との会談を「極めて深く、生産性に富む価値あるもの」と評価

© REUTERS / Carlos Barria
政治
短縮 URL
0 911

トランプ大統領は、ホワイトハウスで行われた安倍首相との共同記者会見で安倍氏との会談の感想を語り、貿易、拉致被害者、朝鮮半島情勢の正常化に関する問題で合意に至ったことを明らかにした。

スプートニク日本

記者会見でトランプ大統領は、日米貿易関係を改善するために安倍首相と作業を行うと語った。トランプ大統領はこの他、安倍首相が日本が米国に新たに投資を行うと約束したことを明らかにしている。

トランプ大統領はまた、拉致被害者の問題を含め、安倍氏と緊密な対話を維持しつつ、作業を継続するとを強調。これを受けて安倍首相も、拉致被害者問題を話し合うため、自らも北朝鮮側と直接的に会談を行うことができるよう、期待を表した。更に、安倍首相は、日本が現在のところは北朝鮮に対する国連安堀制裁の遂行を継続していくと語った。

この他、トランプ大統領は、金正恩氏から最後に受け取った手紙の内容についての記者団からの問いに、北朝鮮のリーダーからの手紙は「非常に温かなものだった」と答えた。

トランプ大統領は、北朝鮮に対して講じられている最大限の圧力が作用していることは間違いないと強調し、安倍首相も、両首脳とも制裁は完全な非核化が達成されないうちは解除されるべきではないという見解で一致していると補足した。

一方でトランプ大統領は「最大限の圧力を加える方策がサミットの後も続くとすれば、正直にいってそれは会談があまり成功しなかったことを意味してしまう」と指摘した。

この際にトランプ大統領は、米国は北朝鮮との関係正常化に全く同意しているとし、サミットが成功した場合、金正恩氏を米国に招待する構えだと語った。

また、トランプ大統領は、朝鮮半島情勢の完全な正常化のために、特に非核化の問題には、より多くの時間と会談が必要とされると繰り返し述べ、「これは数十年の長きに渡って続いた。そしてこれは歴代の米大統領らが解決しておかねばならなかったことだ」と強調した。

関連ニュース

タグ
拉致問題, 戦争・紛争・対立・外交, 核問題, ドナルド・トランプ, 金正恩, 安倍晋三, 日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント